TOKYO ALONE

あんなことやこんなことをあなたに

『あせとせっけん』ネタバレ・感想【第5話】初デートの罠/すれ違いがせつない!初デートの結末にドキドキ

あせとせっけん 分冊版(5) (モーニングコミックス)

ネタバレ

前回の『あせとせっけん』を復習

【第四話】

女性社員に倉庫でイチャイチャしてるのが見つかりそうになる2人。しかし、香太郎がブランケットをかぶり寝ていた振りをすることで窮地を脱す。

あらすじ

【第五話】

初デートでお互い舞い上がる

いよいよ初デート。麻子は手を繋ぐだけで手汗をかかないかと動揺し、香太郎は初めてのデートということで浮かれきっていた。人気のデートスポットから神社での金魚掬いにに食べ歩き、王道デートを楽しむ2人。香太郎は何度も麻子の匂いを嗅ぎたい衝動にかられるもどうもひと目が気になってしまう。エレベーターで人が増えて密着するシチュエーションに。しかし、この絶好のタイミングでも何故か香太郎は匂いをかげなかった。

映画館でも匂いが嗅ぎたいけどかげない…

夜になり映画館に訪れる。これなら暗いだけでなく、五感を研ぎ澄まして麻子の匂いに集中できるはずと確信する香太郎。しかし、なぜせっかくの初デートなのに望み通り、思うままに匂いをかげないのかと逡巡しているうちに映画は終わってしまっていた。映画の内容を全く覚えておらず焦りつつも、夕食を食べに行こうと提案する。

夕食を断られてしまう香太郎

しかし、どこか悲しそうな表情の麻子。夕食の誘いは本調子では無さそうなのでと断られてしまう。デート中も匂いを嗅ぎたいけどかげないという迷い。それを麻子は楽しめんでいないと誤解していたようで…。

感想

誰もが初デートってのは緊張するし舞い上がるものですが、2人の関係性においてはその鍵が匂いってところがなかなかクセが強いってやつですね。1人で勝ってに匂い嗅ぎ我慢選手権みたいになってる香太郎の姿はちょっと面白くも可愛くもあって笑えました。こういう典型的なラブコメ的な展開は安心して読んでいられるので個人的には大好物です。

まあ、内容としてはすれ違いから2人の仲がどうなってしまうんだって話ですが、流石にこのくらいは2人がくっつく為の前ふりみたいなもの。今までの2人の関係の焼き回しに近いのかなと思います。相変わらず麻子のどうにも鈍感というか、気の使い過ぎなところが出てきますが、男の目線からすると守ってあげたい衝動が半端ないです。

今回の初デートでほすれ違いはなんとか解消された訳ですが、次回からはどうなんでしょう。流石に今まで通りにはいかない気もします。

まだまだ、真打ちの女性社員も出てきてないですしね。どうなることやら楽しみです!

近くの回転寿司に行くなら予約サイトを使うのがおすすめ!時間とお金を節約出来る一石二鳥の方法を紹介

さてー!回転寿司大好き立川あつです!

私の場合、休日のルーティーンの中に回転寿司食べに行くって言うのが入っていて、もはや定番です。

けど、休日って時間帯によっては家族連れからカップルまで人が多くて、めちゃくちゃ待たされることありますよね。

休日の混んでるときなんかは、1時間近く待たされることもありました。

それが鬱陶しくてたまに食べたくもない牛丼で済ませて、なんか損したような気になることも。

ランチ、夕食の時間をずらして食べるという方法もありますが、どうせならお腹が空いた頃に食べたいですよね。

今回は、予約サイトを利用して待ち時間がゼロ、お金も節約できた方法をご紹介したいと思います。

予約サイトってなに?

私はいつものEPARKという予約サイトを利用してます。この予約サイトでは、いつどこで何を食べますよってのを予約することが出来ます。ただ、それだけじゃなく色んなメリットがあるんです。

例えば急に思い立って回転寿司を食う口になってしまった時でも、待ち人数や時間を確認できます。これが、回転寿司好きにとっては嬉しいサービスですね。

近くの回転寿司も利用してるのかってのも気になるところだと思いますが、実はかなりのお店で利用出来るので単に知らなかったってだけの人も多いんじゃないでしょうか。

さらに、位置情報からどこがEPARKを利用した予約サービスを行ってるいるのか調べることも出来ます。

予約サイトを利用してみる

会員登録

会員登録に必要なのは、メールアドレスとパスワードだけ。もちろん無料です。

近くの回転寿司屋さんを検索する

地名あるいは店名を入れて検索。GPSの位置情報からEPARKを利用してお好みのお店を探します。待ち時間や人数を確認して予約番号を発行。

来店して予約番号を提示する

あとは、その時間に来店するだけ。長時間待ちになってるのを横目にサクッと美味しいお寿司にありつきましょう。

予約サイトを利用するメリット

時間の節約になる

まあ、言うまでもなく予約サイトを利用する1番の理由はこれですな。せっかくの休日、仕事に備えて英気を養いたいところで、回転寿司食べるのに1時間待ちとか、災難どころではありません。予約サイトをガンガン利用して待ち時間なしで、ストレスフリーの休日を過ごしたいですね。

特典やクーポンでお金も節約出来る

EPARKは、予約サイトではありますが様々なクーポンを発行しています。私が良く行く回転寿司チェーンでもクーポンを発行しているので、お得に利用することができます。ただ、EPARKグルメのクーポン利用には月額料金100円がかかるのでその点は注意が必要です。まあ、月一で利用するだけでクーポン分の元は取れますので、損するってことはまずないです。

例えば、こちらのお店だと300円引きを3回まで利用することができます。

位置情報からの検索で新しいお店の発掘にも

EPARKでは、GPSを利用したお店の検索が可能です。位置情報を読み込ませることで、こんなところにもお店があったんだと、新しい発見がしょっちゅうあります。行きつけのお店に行くのもいいですが、守りに入らないで色んなお店にチャレンジするのも楽しいかもしれません。

様々なジャンルで利用可能

EPARKは、回転寿司だけでなく様々なグルメ店で利用できます。それだけではなく、薬局、歯医者、病院、エステ、リラクゼーションまで様々なジャンルに渡ってサービスを提供しています。これからまだまだ利用出来るお店のジャンルも店舗も拡大していくと思うので、ますます待ち時間が嫌いな人にはおすすめのサービスになるかと思います。

EPARKを使い倒して時間とお金を節約しよう!

ここまでEPARKならではの利用メリットを3つほど紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

普段利用してるお店に予約サービスがあるなら、使わない理由がないですね。

仮に利用していないなら一度、予約サービスを使って便利さを味わって貰えると私としても嬉しいです。

時間はお金には買えられない価値がありますし、予約サイトを利用して待ち時間なしの生活を実現してみてください。

 

【体験談】格安マッサージ(60分3000円)は安かろ悪かろうなのか?実際に施術を受けて来たので感想をお届けします!

さてー!

肩が石と化している立川あつです。

最近いたるところに見かける「60分3,000円!ほぐし・もみ・リラクゼーション」といった看板。

気になってはいるけど、実際に利用したことはないという人も多いでしょう。3,000円はマッサージとしては安いですが、失敗体験に払うお金としては高い。

情報を制するものは世界を制すということで、週に1回から多いときは3回は利用している格安マッサージの世界を皆さんにご紹介したいと思います。

格安マッサージを利用しようと思ったきっかけ

massage

私の場合、30代に突入したこともあり加齢の影響もあるでしょうが、明らかに身体のコリがひどくなっています。

「誰でも良いから肩揉んでくれ!」

身近に家族でも居れば気軽に頼むこともできますが、1人暮らしだとそうもいきません。

かといってほっておいたら「病気になるんじゃないか」ってくらい肩が重く硬くなったりすることも。

肩コリと簡単に言っても、悪化してしまうと頭痛や吐き気に繋がるようなこともあります。そこまでひどくなくても「最近、肩が重く自分で揉むことが多くなった」「首を回したり背中を捻ったりしないと気がすまない」という人は、病院送りになる前に解消する手段を見つけた方が良いでしょう。

そもそも60分、3,000円からの格安マッサージとその他のマッサージはどう違う?

整体や按摩、タイ古式マッサージなどそういった疲れを取ってくれるお店がありますが、時間あたりだと6,000円くらいからのサービスもザラです。

なかなか気軽に行こうとは思えません。そんな時に、気になって行って見たのが良く見かける格安マッサージ店でした。

実は、日本において生業として「マッサージ」を行う場合には、国家資格が必要になってきます。

しかし、この記事で紹介しているようなお店の人はこの国家資格を取得していないことがほとんど。そのため看板には「マッサージ」とは掲げておらず、ほぐし、もみ、リラクゼーションなどと表記してあることが多いです。

なので、商いとしての「マッサージ」ではなく、あくまで「もみ、ほぐし、リラクゼーション」というサービスであることは留意して頂ければと思います。

ただ、実際にやって貰うことはそういった資格を持っているお店と変わりないこともあります。また、こういったサービスは施術者個人の技術や相性といった側面が大きいので資格を持っているから、満足できるとは限らないというのが、利用者としての本音です。

なので、個人的にはジェネリックマッサージという認識で通っています。

ほぐし、もみ、リラクゼーションといったキーワードを含むお店というのは、基本的にこのマッサージのコンビニだと考えて間違いありません。

利用してみた感想

Massage

「ほぐしの達人」に来店!

私が良く訪れるのは、ドンキホーテ内にある「ほぐしの達人」。都内に店舗ある大型チェーンで、60分2,980円から90分4,460円、120分5,950の3コースを用意している典型的なマッサージのコンビニです。

当日予約が可能なので、もし来店を考えている場合は必ず予約することをお勧めします。美容室もそうですが当日飛び込みで利用するとビックリするぐらい待たされてしまうことも。その点は注意してくださいね!

券売機でチケットを購入し店内へ

店内はシンプルな作りなっており非常に清潔感があります。一つの大きな部屋にベッドが並べられ、その間をカーテンで仕切ることでプライベートを確保するかたち。この内観はどこのお店も基本的に一緒ですね。

ベッドに案内されるとまず、着替えをするかどうかどうか聞かれます。楽な格好で受けた方が気持ち良いので、特に理由がなければ用意されているシャツとハーフパンツに着替えることをお勧めします。

着替えを終えたら施術へ

着替え終えるといざベッドに横になり施術がスタート。特に凝っている場所はありますか?と丁寧に聞いてくれるます。私の場合は、肩から背中が凝っているので重点的かつ強めでとお願いしています。このやり取りもマニュアル化されているのかほとんどのお店で聞かれるので、気軽に自分にあった要望を伝えましょう。

細かい要望を伝えながらリラックス

うつ伏せ、仰向け、最後に頭と全身マッサージをして貰うことができます。

どの箇所も手の平を使ったもみ体重を載せる押しが基本で、押しの際には肘を使うこともあります。

これも気持ち良いやり方がある時はその都度要望してみましょう。

個人的にはここが満足できるかのポイントかなと思っています。

格安店の施術者の力量というのは、完全に個人の腕次第です。相手のコリを把握して、その解消の為の施術というよりはそれぞれが自分のルーティーンのやり方を持っていてそれを時間内でこなすということが多いです。

なので、施術者に合わせてその都度細かい要望を出すことが満足の秘訣です。

私の場合は、肩を施術して貰う際は必ず肩甲骨の間の方まで圧力をかけて貰うようにお願いしています。これがないと、コリがほぐれた気がしない!

この点に関しては最低限、自分が満足できる要望を事前に考えておくと良いかもしれません。

マッサージのコンビニを利用するメリット

お値段相当の満足感

私はかれこれ2年ほど少なくとも50回以上は通っていますが、満足感というのは大体100点満点中70点くらいで安定しています。

60分という時間が体感で半分に感じるくらいには、格別な気持ち良さがあることは間違いありません。効果はお店を出た際に、肩を軽く回してしみると明らかで重さや固さがスーッと抜けていることを実感できます。

安い分いっぱい通える

私の場合は、一回マッサージを受ければ1週間くらいは比較的楽な状態が続きます。なので、できれば週1で通いたいところですがその点は財布と相談しながら、無理なく通うようにしています(笑)

細い要望もしっかり聞いてくれる

施術者の力量に関係なく、細かい要望さえしっかり伝えられるようになれば、肩コリの解消くらいであれば、正直高いところに行かなくても十分かなと思っています。

【失敗談】

一度だけかなり失敗したと感じたのは、施術者が小柄の女性で強めの施術があまり効かなかったことぐらいですね。

以下に、マッサージのコンビニの良かった点をまとめておきますので、気なる方はチェックして参考にしてみてください。

  • 値段が安いので気軽に利用できる
  • 飛び込み可のお店も多く、深夜帯まで営業していることも
  • 自分に合う施術者に当たるとお得な気分に

最後に

毎日、パソコンの前に座ってキーボードを叩き、電車の中では痴漢冤罪防止の為に片手は吊革もう片方でスマホを覗き込む。当然目は疲れるし首から肩、肩から背中はガチガチに凝り固まって、手を挙げるのも億劫になってしまうほどです。

そんな日々にはさよなら!

『あせとせっけん』ネタバレ・感想【第4話】心の準備/いい感じになってきた2人のもとに闖入者登場

あせとせっけん 分冊版(4) (モーニングコミックス)

ネタバレ

前回の『あせとせっけん』の復習

>>『あせとせっけん』ネタバレ・感想【第三話】心の準備

【第3話】

香太郎に倉庫に連れて行かれ、キスをされる麻子。キスだけでは終わらない雰囲気になったところで、突如女性社員が入ってくる。

あらすじ【第4話】

いい感じになってきた2人のもとに闖入者登場

倉庫Aに突然現れたのは、化粧品開発では社内で抜きにでた実力を持った〜であった。かなり強気の性格で仕事が出来るだけでなく、ルールにも厳格。かなりルーズな香太郎は、彼女に目の敵にされているところがありまさに天敵であった。ブランケットをかぶってとっさに机の下に隠れるも、見つかるのは時間の問題だった。

ブランケットをかぶって寝てた振り作戦!

一か八か麻子を後ろに隠しブランケットから上半身を出して寝ていた振りをする香太郎。それを見つけた女性社員は、普段の振る舞いからやっぱり香太郎だったかと納得。しかし、なぜリラクゼーションスペースではなくこんなところで休憩しているのか問い詰める。なんとか窮地を脱したい香太郎は、適当にそれらしい言い訳を並べる。

しかし、女性社員の追求は厳しく…。

感想

雰囲気がよくなってきた…これは何かあるな起こるな…と思ってたところからの闖入者って言うのは漫画・アニメに付き物の王道パターンっすね。といっても、何か期待してしまっていた自分としてはうざったいことこの上なかった今回(笑)この漫画自体は当初読み切りとして人気が出て連載が始まったったので、確かに新キャラが登場しないと、話が転がっていかないのはなんとなく想像してました。まあ、麻子とは対極にあるキャラ設定ですね。このキャラクターは結構好き嫌いが分かれそうなところ。好きな人は好きだけど、嫌いな人はとことん嫌いでしょうね。

ってか、会社にリラクゼーションスペースがあるってずいぶんとおしゃれな職場なこと。まあもし自分が香太郎と同じ立場て働いてたとしても、そういうおしゃれスペースでは落ち着かないから、どこかしらのデッドスペースを見つけて巣をつくると思うので気持ちは分かります(笑)適当な言い訳がまかり通って危機を脱してしまうのはややご都合主義的なところはありますが、そこは漫画なので目をつむりましょう。

今後は、この女性社員とライバル関係になってひと悶着あるのは必至ですね。のほほんとしたラブコメで終わってくれるのが安心して読める展開ですが、やはりこういうライバルが出てきてしまったかと少し複雑な気持ちです。しばらくはちょっかい出してこないで、2人のイチャイチャが続くことを願うばかり。

『あせとせっけん』ネタバレ・感想【第三話】心の準備

あせとせっけん 分冊版(3) (モーニングコミックス)

ネタバレ

前回までの『あせとせっけん』の復習

>>『あせとせっけん』ネタバレ・感想【第二話】汗子ちゃんと麻子さん 

【第二話】

正式にお付き合いすることになる麻子と香太郎。ぎこちない関係から、積極的に距離を詰めると宣言される。

あらすじ【第三話】

2人の関係を公表するべき?

正式に付き合うことになり、香太郎から2人の関係を公にするかどうか聞かれる麻子。どちらでも良いと提案されるが、会社でいつも仕事仲間に囲まれ女性社員にもモテるであろう香太郎と付き合うと公表することには躊躇してしまう。麻子のような立場では、どう見られるのか非常に心配なのだ。

会社のみんなに知られることを不安を感じる麻子

そんな心配をよそに香太郎はいつも通り。ミーティングルームでのランチに誘われる。そこで、立場も違うし心の準備も出来ていないため、秘密の方が良いと打ち明ける。さらに、このような密会が増えることも心配だと。

ミーティングルームから倉庫に移動した二人は…

しかし、香太郎は2人の関係が会社では陽と陰であることには無頓着な模様。密会については、ミーティングルームのような仕事で頻繁に使う場所とは違う代案があると秘密の休憩場所の倉庫Aへと連れて行かれる。そこで、当初からの目的である匂いかぎタイムが始まるのだが…。

感想

今回は、陰キャラ女子の苦悩が描かれてましたね。確かに、職場での恋愛関係の公表ってのはなかなか勇気のいることです。周りからあーだこーだと噂されることは避けられないですしね。しかも、それがいわゆる陰キャラと陽キャラとの付き合いになるとなおさら。ちょっと、偏見入ってるかもですが、パワーバランスの偏った付き合いにはやっかみが付き物なのかとも思います。実際それを心配して、公表を避けたがる麻子がやっぱりかわいいですね(笑)キャラクター設定が絶妙に男心をくすぐってきます。

ミーティングルームから倉庫に移った時は、こいつは始まるなと言う予感がありましたが、香太郎は相変わらずのスケベ野郎っすな。会社にこんなセーフスペースを作っているとは。うらやまけしからんです!しかも、あくまでこれは商品開発に必要な密会であってみたいな言い訳を用意してるのもしたたかです。

んで、いよいよとなったところで新キャラの闖入。女性社員であることからこれは間違いなくライバル…ってことになるのかな?気になるところで終了で次回へ。この危機的状況をどう乗り切るのか気になります。

『あせとせっけん』ネタバレ・感想【第二話】汗子ちゃんと麻子さん

あせとせっけん 分冊版 番外編 (モーニングコミックス)

ネタバレ

前回までの『あせとせっけん』の復習

【第一話】 

先走った香太郎の接近に困惑して一度は仲違いかと思われた二人。麻子が電車で変質者に近づかれたところを香太郎が救い出し無事結ばれることに!

>>『あせとせっけん』ネタバレ・感想/体臭がコンプレックスだって人は必読ですぞ!

あらすじ

【第二話】

初夜の後もまだまだぎこちない二人

初めて夜をともにした日の翌朝、スマホのアラームで起きるとベッドには赤いシミが。朝早くから会議のある香太郎は、急いで出勤しようとする。一瞬顔が近づき思わずキスされてしまうと感じるが、お互い赤面して何もできずに終わってしまった。

思い出しムフフで麻子仕事で大ドジ

一方、麻子はというと仕事でミスをしてしまい上司に半休を言い渡されてしまう。ミスの理由ははっきりしてた。昨夜、香太郎と過ごしたことを思い出してしまい汗が止まらないのだ。

香太郎と会社ではなすだけで失神!

いつものようにトイレで汗をふきデオドラントを施して上司に謝りに行こうとすると、トイレの前で香太郎と鉢合わせる。香太郎曰く、昨日と同じ匂いがするからその匂いに引き寄せられてきたらしい。そう言われてしまうとまた汗が止まらなくなると思った矢先、頭がフラフラしてきて麻子は女子トイレにへたりこんでしまう。

感想

ノロケやがってバカヤローって感じの事後展開に思わずほっこりしてしまいました。まあ、好きな人と一緒になれたらみんなこうなるんでしょうね。ただ、これが麻子にとっては初めての経験であるってところが萌ポイントです。

そして、上司がオネエがやたらと優しいって言う(笑)。単に優しいって言うと語弊があるのかな。ミスを指摘しつつもそれをカバーして、かつ気を使わせ過ぎないように見返りを求めると。なかなかの理想の上司っぷり。これが嫌なタイプのやつだと麻子にとっては地獄の職場だったかもしれません。ってか、上司が食べたいと言ってるクラフティってなんぞや(笑)なんか名前だけで美味そうな雰囲気ありますね。

汗のかきすぎで脱水症状にり倒れたときはどうなるかと思いましたが、2人の関係が無事というか予定調和というか正式にお付き合いすることになって一安心です!

ただ、当然これでめでたしめでたしって訳にはいかないんでしょうね。

今後の二人がどうなるのか、要チェックです!

【感想】500円のオートシャンプーがヘッドスパ並みに気持ち良い!マッサージ効果のある頭皮洗浄で気分爽快になった話

さてー!マッサージ大好き、立川あつです。

美容院でしてもらうシャンプーってなんであんなに気持ち良いんでしょうね。

最近は格安のカット専門店に行くことが多く、人にシャンプーしてもらう機会がないことを寂しく思っていました。

様々なカット専門店を訪れた中でオートシャンプー(機械で自動的に頭を洗ってくれる)という珍しいサービスをやっているお店を見つけたんです!

「シャンプーは人にやってもらうのが心地よいのであって、機械に任せるのはどうなの?」という気持ちもあったのですが、ワンコイン500円で受けられるのも魅力的だったので思い切って試してきました!

私は体験したのは『チョキペタ』というお店

Happy shampooing

チョキペタはカットとカラーに特化した予約の必要のないヘアメンテナンスサロンだそう。

店内は白を基調した無駄のない作りで清潔感があります。

客層としてはおばさま方が多い印象でしたが、女性専門ということではなく男性も歓迎であることがサイトで確認できます。

個人的には「1,000円カットには入りづらいなぁ」という人たちに向けて、サロン要素を取り入れたコンセプトの格安美容室になっている感じでした。

カットを済ませ、いざオートシャンプーへ

私は、坊主に近いくらいの超短髪なのでサクッとカットを済ませて、いざオートシャンプーへ。

なんだか近未来的とも言えるフォルムで装着したら仮想現実の世界へと旅立つことができそうですね(笑)

まず店員さんに案内され丁寧に説明を受けます。

「こちらに横になって頂いて、襟足の方など軽く一部シャンプーをして後は自動になりますので」と

どうやらオートシャンプーとはいうものの全てが自動で完結しているわけではないそうです。。。

見た目的には、一切人の手を煩わせない近未来テクノロジーのような感じだったので少し拍子抜け。なんか思ってたんと違う!とツッコミを入れたくなりましたが、まあこちらの勝手なイメージなのでグッと飲み込みこみます。

マッサージをされているような気持ちよさでヘッドスパを受けたような満足感!

水が飛び散らないように額のあたりにタオルを巻いてもらい、蓋を閉めてもらうと後は機械が自動的に髪と頭皮を洗浄してくれます。

細かい水流が強すぎることも弱すぎることもなく満遍なく頭を行ったり来たり。

これが最初はなんだかくすぐったさもあったのですが、慣れてくると非常に心地良いことこの上ないです。

心の中で「これは良きかな。」とずっとつぶやいていました(笑)

時間にして5分程度だったかな。終わった時に思わずもう1セットとお願いしたくなる心境でした。

その効果のほどは?

マッサージ効果があるのはもちろんのこと、毛穴の汚れをかき出してくれるような丁寧なシャンプーを受けているようで頭皮洗浄の側面もあるのかなと感じました。

学生時代に言われるがままにヘッドスパというのを美容室で受けたことがあるのですが、満足感はそれに匹敵します。

しかも、料金が500円とワンコインで済むわけでコスパ最強ですよ。マジで!!

なお、私の頭には必要がありませんが、チョキペタではトリートメントなども格安で受けられるそうです。こちらもワンコインだそう。

さすがに、私の短髪ではトリートメントのレビューはできそうもないので、もし体験された方がいたらどんな感じか教えていただきたいです。

どこでオートシャンプーは受けられるのか

私が良く行くチョキペタの他に、イレブンというお店でも同様のサービスを行っているようです。

この記事を見て興味をもった方は、是非一度オートシャンプーを体験してみてはいかがでしょうか。

なお髪型やお店の雰囲気にこだわりがある方は、いわゆるこういった格安美容室というのは入りにくいかもしれません。

そういった方は、ホットペッパービューティーでオートシャンプーと検索すると
この機械を導入しているお店を見つけることができます。

私の住んでいる地域でも100件近くの美容室が見つかりました。

是非、自分の好みにあったお店を探してみてください!

kracpot.hatenablog.com