TOKYO ALONE

あんなことやこんなことをあなたに

WiMAX 2+に一本化して通信費を大幅に節約!四年間の実践で分かったメリットとデメリットについて。

人気記事セレクション

ネット回線って固定費として毎月取られるものなので、年間で考えると驚くほど大きな出費になったりしますよね。

 
最新のiPhoneを契約した後に明細を見て「こんなにかかっちゃうんだ」とびっくりしてしまった人も多いと思います。

タブレットや固定回線との契約を合わせると毎月15,000円以上の出費になってしまっている人もいるかもしれません。
 
私自身、四年前まではそれくらいの出費があったと思います。
 
「なんとかしたいな〜」と思って調べた結果、WiMAXに回線を集約するという選択肢があることを知りました。
 
そして、特に何も考えることなく実践し始めたのが4年前のことです。
 
家のパソコン、外で使うスマートフォンiPhoneタブレットなど全てを持ち歩きできるWiMAX 2+のポケットwifiに繋いで使ってきました。
 
そのおかげで、ネットにかかる費用は月に4000円程度で済んでいます。
 
節約できるのは良いことですが、WiMAXに一本化してみると実はたくさんのデメリットがあることが分かりました。
 
量販店やWiMAXを取り扱ったサイトを見に行っても良いことしか言ってくれません。
 
私の体験からデメリットにもしっかりふれた上で、WiMAXに一本化する際の検討材料にして頂けたら嬉しいです。
 

目次

 

メリットはたくさんありましたよ!

やっぱり大幅な節約になる

回線を一本化することを考えている人のほとんどは、この『節約になる!』というのが大きなポイントになると思います。
 
個人差はありますが、多くの方が固定の光回線5000円程度、スマートフォンあるいはタブレットの月額料金、オプション等で6000円程度を支払っている人が多いと思います。平均は、11,000円だそうです。
 
私の場合はWiMAXに移行する前は、毎月約13,000円程度を通信費として支出してきました。
 
これをWiMAXにまとめてしまうと月々4000円程度で済んでしまいます。
 
年間にしてなんと11万円近くの節約!四年間実践してきたので44万円節約してきたとも言えるかもしれません。
 
節約するには、固定費を抑えるというのは定番ですがやはりその効果は抜群ですね。
 

通信制限がかかっても比較的快適に使えます!

スマートフォンでは、通信制限がかかってしまうと普通のサイトを開くのにも時間がかかります。
 
この重さにストレスに感じている方も多いはずです。
 
WiMAXも同じように通信制限がありますが、3日で3GBと比較的余裕があります。(契約する時期によって制限の仕方が変わる場合があります)調べたところ3日で3GB使っている人は、ユーザーの半分以下だそうです。なので、そこまで使っていない方だという自覚があるなら、速度制限がかかる心配はないですね。
 
仮に制限がかかったとしてもyoutube(HD画質は止まることがあります)をストレスなく見れる程度の速度は確保されています。
 
私自身、何度も制限はかかったことがありますが、その間キャリアの通信制限ほどの不便を感じたことはありませんでした。私の実測では大体3〜10Mbpsであることが多いです。
 
もちろん動画は絶対HD画質で見たい!という方もいると思いますが、そうでないなら回線速度としては必要十分なレベルでした。

予期せぬ引っ越しでも違約金なし

固定の回線契約もスマートフォン同様2年契約であることが多いです。消費者にとっては非常に煩わしい制度ですよね。
 
その間に予期せぬ引っ越しなどがあると違約金を払わなければいけません。違約金は契約しているプロバイダや解約する時期にもよりますが、大体5000円程度かかるのが一般的です。
 
その点、WiMAXの場合は圏内であれば、引っ越し先でも当然利用することができます。
 
引越しの度にインフラ関連の契約をたくさん行う必要があります。最近は、電力会社も選べるようになったため、一つでも検討しなければいけないことが減るのはありがたいですよね。
 

デメリット、不便なことも天秤にかけよう

f:id:Kracpot:20160429162212j:image

回線が不安定

WiMAXは固定回線やスマートフォンの回線に比べて明らかに繋がりにくいシーンがありました。
  • 電車などで移動中
  • 大きな建物の中や地下に入っているとき
これは、私個人的な体験談としてではなくWiMAXの電波の性質上、障害物を迂回できないという理由があるようです。
 
特に繋がりにくさを感じたのは、大きな駅の周辺です。大きな駅は建物が密集しているため、どうしても電波の障害になってしまうようでした。
 
知らな駅に降りて地図を使って移動しようとした時に「繋がらんのかーい」ということが結構ありました。
 
さらに、家で普通に使っている時にも、謎の圏外になることがあります。大抵ポケットwifiを再起動することで復活するんですが面倒です。
 
この点に関しては無線通信の宿命的な部分があり、どうしても固定回線と比べると安定感がありませんでした。

持ち物が多くなる

契約するPocketWiFiの機種にもよると思いますが、私が使っているものはあまりバッテリーが長持ちしないものです。
 
そのため、充電器は必須です。スマートフォン、PocketWiFi、充電器は確実に持ち歩くことになります。
 
充電器は最近コンパクトで軽量なものがたくさん発売されていますが、それでも手ぶらで外出するというのは厳しい選択になってしまいます。
 
私はもともと出かける際は、財布と携帯だけ持って出かけることが多かったので、慣れるまで非常に時間がかかりました。

家に忘れる。持って出かけても充電し忘れている。

持ち物が多くなると一年のうち何度かは必ずどれかを忘れることがありました。大雨の日に10分かけて駅に着いた瞬間、ポケットwifiがないのに気づいた時はさすがに泣きそうになりましたw
 
さらに、充電をし忘れていることもあります。これは、家に置き忘れるよりもずっと多かったです。自分ではしっかりと差し込んでいるつもりでも、中途半端になっており充電されていなかったというのは誰もが一度は経験したことがあると思います。WiMAXに一本化した場合、その確率は単純に3倍になってしまいますw
 
忘れると仕事の都合上困る人にとっては、WiMAXに一本化するのは厳しい選択になるかもしれません。

キャリアメールが使えなくなる

人によってはキャリアメールをメインのアドレスとして使っている人もいると思います。
 
そういった方は、フリーメールに移行する必要がでてきます。
 
私の場合は、キャリアメールのアドレスだけで繋がっている人もいたりして変更をかなり躊躇してしまいました。
 
変更の知らせを一斉送信すればいいんですが、相手のアドレスが変わってたりするとそのまま返ってきて寂しい思いをするので、あんまりやりたくなかったりするんですよねw
 
このプロセスが非常に面倒な人もいるんじゃないでしょうか?
 

最後に

このようにWiMAXに回線を一本化することは、節約の代償としてたくさんの面倒を背負いこんでしまうことになります。
 
これらのことを全部「全然問題ないよ!」と言い切れる人は実は少ないのではないでしょうか?
 
しかし、私と同じように年間約11万円の節約になる人にとっては、非常に大きな恩恵ですよね。
 
11万円あれば、海外旅行でも行けるかもしれませんし、大切な人にプレゼントを買ってあげられるかもしれません。
 
こう考えると節約の為にデメリットを耐えるという立場すら検討しても良いかもしれません。
 
ただ、一度契約してしまうと後で「止めておけば良かった」と後悔しても、解約には違約金が取られてしまいます。
 
デメリットをしっかりと考慮して、後悔しない選択をしてみてください!
 
 
したっけ〜
 
広告を非表示にする