TOKYO ALONE

あんなことやこんなことをあなたに

アイドル好きから見た岩崎容疑者の犯行。統合失調症の恋愛妄想が感じられるツイッターやブログの内容に関して

人気記事セレクション

アイドル活動を行っていた女性を20回以上も刺して逮捕された岩崎友宏容疑者が起こした事件。

非常に猟奇的な犯行で、どんな理由があっても許されないことですよね。

報道や本人のブログ、ツイッターを見て私が感じたのは、「病気としての恋愛妄想が関わっているのでは?」ということでした。統合失調症の恋愛妄想と症状とは?

ネットや報道では、アイドルオタクの犯行として言われてしまうこともありますが、岩崎容疑者が犯行を認めていることもあり、これからどんどん事件の全容が明らかになっていくことと思われます。

私自身は、この記事のタイトルの通り乃木坂46や欅坂46のファンを自認しています。

アイドルファンというと握手会に行くために、大金はたいて大量にCDを買うというイメージがあるかと思いますが私自身は、CDを買ったことも握手会に行ったこともありません。

というと嘘になりますね。モーニング娘。が5万枚CDを完売したらデビューというテレビ企画があってそこでの握手会には参加してたっけ。

ただ、アイドルファンというのは、私のようなライト層も沢山いるんじゃないかと思います。

今回の事件で一部報道やネットで言われるような、アイドルファンのなれの果てのように思われてしまうのは非常に残念なことです。

反論というわけではありませんが、一人のアイドル好きとして今回の事件を見ていきたい思います。

名前や顔からの在日認定

ネット上では、容疑者の名前が自称とされていることや顔の特徴からいわゆる在日認定が行われています。

容疑者の名前が自称であることに関しては、おそらく身分を証明するものを持っておらず警察で、確認がとれていなかった為と思われます。

容疑者の国籍に関しては今の所明らかなっていません。

仮に明らかになったとしても、国籍と犯行との因果関係を示すことは、恐らく誰にもできないので、意味のないところで議論するのはやめた方が良いかもしれません。

この点は、アイドル好きかどうかあまり関係ありませんが、気になったので一応。

ツイッターやブログの内容に関して

岩崎容疑者のツイッターやブログアカウントは今は凍結されているようです。

報道やその他の情報から内容を確認すると、プレゼントとして時計などを送っているようで、それらを返すように執拗に督促している様子を見ることができます。

その内容は、本人だけでなく関係者に対しても行われていたようです。

また、犯行予告ととれるようなつぶやきもあり、後から見ても怖さがあります。

今のところ、このプレゼントのやりとりが犯行の原因と報道ではされているようです。

この経緯を見て私が感じたことは、普通のアイドル好きとは考え方や行動が明らかに違うということです。

プレゼントを渡すことで、事実上の交際宣言?のようなことをしたり、それがうまくいかなかったら返してもらおうとするという発想自体も常識からかなりかけ離れていますよね。

ここからは、普通のアイドル好きがどういう人たちかということと、岩崎容疑者との違いに触れてきたいと思います。

アイドル好きを理解するためのキーワード。接触、ガチ恋、恋愛妄想

アイドル好きには、積極的に握手会などに参加して接点を持とうとすることを『接触』というそうです。

正直この接触というのはライト層の私には、あまり共感できることではないです。

ただ、応援しているアイドルに実際に会ってみたい、直接自分の気持ちを伝えたいというこころは理解できなくもありません。

ただ、握手会のレポなどでよく見るのですが、接触目当ての人の中には応援しているアイドルに本気で恋愛感情を持っている人もいるそうです。こういった人のことをガチ恋とかガチ恋勢なんて言われているのをよく見ます。

ここまでくると私自身そういう人に対して理解できる部分がほとんどなくなっってしまうわけですが。。。

無理やり理解しようとするなら、実際に付き合ったりできると思っているわけではなく、好きな人との恋愛を妄想して楽しむみたなものの延長にアイドルを置いて、楽しんでいるかなといった印象です。

誰もがアイドルに限らず憧れの人と恋愛関係になってなんてことを妄想したことがあるのではないでしょうか?

本来そういった妄想は、思春期を過ぎると自然と抜けていくものですが、まあそれも誰にも迷惑をかけないのなら自由なので好きにすれば良いんじゃないかと思います。

このようにアイドル好きにもいろんなタイプがいるわけですが、ほとんどがルールを守った上でアイドルファンを楽しんでいます。

一般的な感覚とは違う部分もありますが。

ここまでが、普通のアイドル好きの範疇と言うことができると思います。

岩崎容疑者の病的な恋愛妄想

岩崎容疑者も接触目的のアイドルファンと思われるかもしれません。

ただ、明らかに異質なのはアイドルと親密な関係になれると本気で思い込んでいる点です。

プレゼントを受けとってもらえたから、その相手と付き合えるなんてことは普通小学生でも思いませんが、ツイッターやブログの書き込みを見ると本気でそう考えていることがわかります。

実はこういった思い込みは今回の事件だけでなく、『芸能人 恋愛妄想』でグーグル検索をかけるとたくさん類似の事件やエピソードが出てきます。

私は、医者でもなんでもないのでそうだと断言はしませんが、ある種の病気の人はタレントやアーティストあるいは、周りから憧れの存在としてみられているような人と特別な関係になれると思い込んでしまう人がいるそうです。

中には一切接点がなくてもすでに恋愛関係にあると思い込んでしまう人までいます。

一応もう一度言っておきますが、私は医者ではありませんので診断はできませんが、統合失調症という病気の中に恋愛妄想という症状があるという知識だけで、事件の見方が大分変わるのではないかと思います。統合失調症で出現する妄想・被害妄想とその対処法

今回の事件はアイドル好きというよりむしろ、このような現実と妄想の区別をつけることができない人の犯行だと私は感じました。

つまり、恋愛に関して現実と妄想の区別をつけることができない人たちがいて、今回はたまたまアイドル活動を行っていた人がターゲットになってしまったということです。環境次第では、職場の誰かに対してだったかもしれないし学生時代ならクラスの誰かだったかもしれません。

そう考えるとアイドルファンが、行き過ぎて犯行に及んだということとは全く違うケースなんじゃないでしょうか?

誤解されないようにしたいのは、こういった病的な恋愛妄想を持った人にも今回のような凶悪犯罪をするような人はほとんどいないということです。

専門家ではないので、具体的なことはわかりませんが、攻撃性等色んな要素が複雑に絡み合って、今回のような結果になってしまったのでしょう。

ただ、このような病気を持った人がいるということが、この事件を理解する上で非常に重要なキーワードになるんじゃないかと私は思いました。

追記(5月30日)

現在は、被害者の方は正確にはアイドルではなく、シンガーソングライターだとする声が大きいです。

togetter.com

岩崎容疑者も過去に様々な人にストーカーまがいの行為をしていたり、セクシー女優波多野さんの筆下ろしもののいかがわしいDVDに出演していたことが発覚したりと、どんどん異常な行動が明らかになってきています。

どんどんアイドル好きとは、無関係だったというレベルまで事実関係が明らかになっているのにもかかわらず、この記事のコメントのような勘違いが蔓延してしまっているのは残念ですね。