TOKYO ALONE

あんなことやこんなことをあなたに

来日したオバマ大統領が広島でしたスピーチの内容。謝罪はないものの、核兵器のない世界への決意表明

人気記事セレクション

来日中のオバマ大統領が5月27日、原現職大統領としてはじめて広島を訪問しましたね。

ここまで来るのに、長かったと思う人やついにきたかと感じている方もいると思います。

とにも、アメリカの大統領は近いうちに間違いなく変わるので、その前に実現できてよかったのは間違いないでしょう。候補次第では絶対に広島訪問なんて実現しませんし。トランプとか

ともあれ、オバマ大統領は27日午後5時すぎ平和記念公園に到着後、すぐに公園内にある原爆資料館を訪問しました。

短い滞在でしたが、資料館から出たオバマ大統領と安倍首相は、並んで原爆慰霊碑の前に立ち献花を行いました。

皆さんもニュースですでにご覧なった方もいると思います。

ツイッターでもトレンドの一番上に上がってきていました。

実況をされていた方もいたので、スピーチのリアルタイム翻訳も見ることができます。

印象的なスピーチの内容

当初、スピーチの時間は5分程度を予定していたそうです。

しかし、実際にはスピーチは7分以上にも及んだそうです。

リアルタイム翻訳をおこなっていた人のツイートを紹介していきたいと思います。

 最後に

皆さんはどのように感じましたか?

できることであれば、実際に核廃絶に向けた行動にまでつなげていければ、良いですが現実的には任期も終わりますし、難しくなりそうです。

訪問前には、謝罪するか否かなどが問題になっていました。とある調査では8割近くが謝罪を望まないという声だったそうです。

個人的にも謝罪が講和やその後の平和に貢献したというこを知らないし、必要ないかなという気がしています。

何よりも必要なのは、核廃絶のための枠組みを作ることや、それをリードしていくという決意が聞けることだと私は思います。

今回のスピーチでその決意のようなものを感じることができたので、大統領は変わりますが、今後アメリカでどのように実行されていくのかを見守っていきたいと思いました。

 

したっけ〜

広告を非表示にする