TOKYO ALONE

あんなことやこんなことをあなたに

会社員の副業禁止緩和は自由への入り口か、それとも

人気記事セレクション

ソフトバンクが副業OKに

✔会社員の副業禁止緩和は果たして自由への入り口なのか?

http://www.itmedia.co.jp/news/spv/1710/12/news059_0.html

さてー!プレミアムエブリデイの立川あつです。

上の記事の通りソフトバンクで副業が許可されるようになったそうです。これを受けて、SNS等では労働に縛り付けられ足枷が1つ取れたとして、歓迎ムードが感じられます。

おそらくこれからも大企業を中心に徐々に副業禁止が解除されていくんじゃないでしょうか。

 「イノベーティブでクリエイティブな企業風土を形成する」という建前は正直意識が高過ぎて何言ってるか分からないです。

ただ、間違いなく企業が社員を縛り付けるようなルールが変わることで、フットワークが軽くなるようなイメージはあります。

しかし、少し気になるのは以下の文言

「本業に影響のない範囲かつ社員のスキルアップや成長につながる」副業

これがソフトバンクの想定している副業だそうです。スキルアップと関係ない副業は禁止とも取れなくない微妙な話になっているような・・・

副業禁止の緩和は会社員を自由にする?

イメージでは副業を始めることで、自分でビジネスが出来るようになり、上手くいったら独立も・・・なんてことが想像できそうなんでけど、ちょっとその実態はどうなるか怪しいものだなという気がします。

そもそも本業を抱えながら出来る仕事なんて限られますよね。何ができるんだろう。正直、画期的なアイディアがあるとか副業禁止なのでやるにやれないビジネスの構想があるなんて人そんなにいないですよね。

片手間で出来ることと言えば怪しいものしか思い付きません。ネットワークビジネスとか秒速で億儲ける情報商材とか。となると、副業が解禁になったところであまり会社員の生活が変わることがないのでは・・・というのが正直な感想です。

それだけじゃなく、副業を解禁して収入にゆとりを持てるようにという方針は裏を返すと、本業での収入は上げませんよというメッセージにもとれちゃいますよね。

ネットワークビジネス情報商材が蔓延する予感

 副業が解禁されなくてもこういった商売は、色んなところに潜んでるわけですが、副業解禁はこういったリスクが身近になるきっかけになるんじゃないでしょうか。

「副業OKじゃん。別に会社に気兼ねする必要ないんだから、試しに始めてみようよ!」

といった感じの口車が格段にハマりやすくなる気もします。もちろん、こういった類の商売はどこの会社でも禁止だと思いますが、強引な人間にひとつ強力な武器を与える気がしてなりません。

限定的な副業解禁がきっかけになって、様々な既存の怪しいビジネスが会社員に蔓延し始めるなんてのは深読みでしょうか。

最後に

ちょっと悲観的過ぎる見方ですが、大企業での副業解禁の意図することが、そこまで好意的なものでは無い気が私にはしております。

しかし、間違いなく本業以外での収入が増えれば心にゆとりができるのは間違いないと思います。

この流れがいい方向に行くことを願うばかりです。