TOKYO ALONE

あんなことやこんなことをあなたに

【体験談】格安マッサージ(60分3000円)は安かろ悪かろうなのか?実際に施術を受けて来たので感想をお届けします!

さてー!

肩が石と化している立川あつです。

最近いたるところに見かける「60分3,000円!ほぐし・もみ・リラクゼーション」といった看板。

気になってはいるけど、実際に利用したことはないという人も多いでしょう。3,000円はマッサージとしては安いですが、失敗体験に払うお金としては高い。

情報を制するものは世界を制すということで、週に1回から多いときは3回は利用している格安マッサージの世界を皆さんにご紹介したいと思います。

格安マッサージを利用しようと思ったきっかけ

massage

私の場合、30代に突入したこともあり加齢の影響もあるでしょうが、明らかに身体のコリがひどくなっています。

「誰でも良いから肩揉んでくれ!」

身近に家族でも居れば気軽に頼むこともできますが、1人暮らしだとそうもいきません。

かといってほっておいたら「病気になるんじゃないか」ってくらい肩が重く硬くなったりすることも。

肩コリと簡単に言っても、悪化してしまうと頭痛や吐き気に繋がるようなこともあります。そこまでひどくなくても「最近、肩が重く自分で揉むことが多くなった」「首を回したり背中を捻ったりしないと気がすまない」という人は、病院送りになる前に解消する手段を見つけた方が良いでしょう。

そもそも60分、3,000円からの格安マッサージとその他のマッサージはどう違う?

整体や按摩、タイ古式マッサージなどそういった疲れを取ってくれるお店がありますが、時間あたりだと6,000円くらいからのサービスもザラです。

なかなか気軽に行こうとは思えません。そんな時に、気になって行って見たのが良く見かける格安マッサージ店でした。

実は、日本において生業として「マッサージ」を行う場合には、国家資格が必要になってきます。

しかし、この記事で紹介しているようなお店の人はこの国家資格を取得していないことがほとんど。そのため看板には「マッサージ」とは掲げておらず、ほぐし、もみ、リラクゼーションなどと表記してあることが多いです。

なので、商いとしての「マッサージ」ではなく、あくまで「もみ、ほぐし、リラクゼーション」というサービスであることは留意して頂ければと思います。

ただ、実際にやって貰うことはそういった資格を持っているお店と変わりないこともあります。また、こういったサービスは施術者個人の技術や相性といった側面が大きいので資格を持っているから、満足できるとは限らないというのが、利用者としての本音です。

なので、個人的にはジェネリックマッサージという認識で通っています。

ほぐし、もみ、リラクゼーションといったキーワードを含むお店というのは、基本的にこのマッサージのコンビニだと考えて間違いありません。

利用してみた感想

Massage

「ほぐしの達人」に来店!

私が良く訪れるのは、ドンキホーテ内にある「ほぐしの達人」。都内に店舗ある大型チェーンで、60分2,980円から90分4,460円、120分5,950の3コースを用意している典型的なマッサージのコンビニです。

当日予約が可能なので、もし来店を考えている場合は必ず予約することをお勧めします。美容室もそうですが当日飛び込みで利用するとビックリするぐらい待たされてしまうことも。その点は注意してくださいね!

券売機でチケットを購入し店内へ

店内はシンプルな作りなっており非常に清潔感があります。一つの大きな部屋にベッドが並べられ、その間をカーテンで仕切ることでプライベートを確保するかたち。この内観はどこのお店も基本的に一緒ですね。

ベッドに案内されるとまず、着替えをするかどうかどうか聞かれます。楽な格好で受けた方が気持ち良いので、特に理由がなければ用意されているシャツとハーフパンツに着替えることをお勧めします。

着替えを終えたら施術へ

着替え終えるといざベッドに横になり施術がスタート。特に凝っている場所はありますか?と丁寧に聞いてくれるます。私の場合は、肩から背中が凝っているので重点的かつ強めでとお願いしています。このやり取りもマニュアル化されているのかほとんどのお店で聞かれるので、気軽に自分にあった要望を伝えましょう。

細かい要望を伝えながらリラックス

うつ伏せ、仰向け、最後に頭と全身マッサージをして貰うことができます。

どの箇所も手の平を使ったもみ体重を載せる押しが基本で、押しの際には肘を使うこともあります。

これも気持ち良いやり方がある時はその都度要望してみましょう。

個人的にはここが満足できるかのポイントかなと思っています。

格安店の施術者の力量というのは、完全に個人の腕次第です。相手のコリを把握して、その解消の為の施術というよりはそれぞれが自分のルーティーンのやり方を持っていてそれを時間内でこなすということが多いです。

なので、施術者に合わせてその都度細かい要望を出すことが満足の秘訣です。

私の場合は、肩を施術して貰う際は必ず肩甲骨の間の方まで圧力をかけて貰うようにお願いしています。これがないと、コリがほぐれた気がしない!

この点に関しては最低限、自分が満足できる要望を事前に考えておくと良いかもしれません。

マッサージのコンビニを利用するメリット

お値段相当の満足感

私はかれこれ2年ほど少なくとも50回以上は通っていますが、満足感というのは大体100点満点中70点くらいで安定しています。

60分という時間が体感で半分に感じるくらいには、格別な気持ち良さがあることは間違いありません。効果はお店を出た際に、肩を軽く回してしみると明らかで重さや固さがスーッと抜けていることを実感できます。

安い分いっぱい通える

私の場合は、一回マッサージを受ければ1週間くらいは比較的楽な状態が続きます。なので、できれば週1で通いたいところですがその点は財布と相談しながら、無理なく通うようにしています(笑)

細い要望もしっかり聞いてくれる

施術者の力量に関係なく、細かい要望さえしっかり伝えられるようになれば、肩コリの解消くらいであれば、正直高いところに行かなくても十分かなと思っています。

【失敗談】

一度だけかなり失敗したと感じたのは、施術者が小柄の女性で強めの施術があまり効かなかったことぐらいですね。

以下に、マッサージのコンビニの良かった点をまとめておきますので、気なる方はチェックして参考にしてみてください。

  • 値段が安いので気軽に利用できる
  • 飛び込み可のお店も多く、深夜帯まで営業していることも
  • 自分に合う施術者に当たるとお得な気分に

最後に

毎日、パソコンの前に座ってキーボードを叩き、電車の中では痴漢冤罪防止の為に片手は吊革もう片方でスマホを覗き込む。当然目は疲れるし首から肩、肩から背中はガチガチに凝り固まって、手を挙げるのも億劫になってしまうほどです。

そんな日々にはさよなら!