TOKYO ALONE

あんなことやこんなことをあなたに

『あせとせっけん』ネタバレ・感想【第二話】汗子ちゃんと麻子さん

あせとせっけん 分冊版 番外編 (モーニングコミックス)

ネタバレ

前回までの『あせとせっけん』の復習

【第一話】 

先走った香太郎の接近に困惑して一度は仲違いかと思われた二人。麻子が電車で変質者に近づかれたところを香太郎が救い出し無事結ばれることに!

>>『あせとせっけん』ネタバレ・感想/体臭がコンプレックスだって人は必読ですぞ!

あらすじ

【第二話】

初夜の後もまだまだぎこちない二人

初めて夜をともにした日の翌朝、スマホのアラームで起きるとベッドには赤いシミが。朝早くから会議のある香太郎は、急いで出勤しようとする。一瞬顔が近づき思わずキスされてしまうと感じるが、お互い赤面して何もできずに終わってしまった。

思い出しムフフで麻子仕事で大ドジ

一方、麻子はというと仕事でミスをしてしまい上司に半休を言い渡されてしまう。ミスの理由ははっきりしてた。昨夜、香太郎と過ごしたことを思い出してしまい汗が止まらないのだ。

香太郎と会社ではなすだけで失神!

いつものようにトイレで汗をふきデオドラントを施して上司に謝りに行こうとすると、トイレの前で香太郎と鉢合わせる。香太郎曰く、昨日と同じ匂いがするからその匂いに引き寄せられてきたらしい。そう言われてしまうとまた汗が止まらなくなると思った矢先、頭がフラフラしてきて麻子は女子トイレにへたりこんでしまう。

感想

ノロケやがってバカヤローって感じの事後展開に思わずほっこりしてしまいました。まあ、好きな人と一緒になれたらみんなこうなるんでしょうね。ただ、これが麻子にとっては初めての経験であるってところが萌ポイントです。

そして、上司がオネエがやたらと優しいって言う(笑)。単に優しいって言うと語弊があるのかな。ミスを指摘しつつもそれをカバーして、かつ気を使わせ過ぎないように見返りを求めると。なかなかの理想の上司っぷり。これが嫌なタイプのやつだと麻子にとっては地獄の職場だったかもしれません。ってか、上司が食べたいと言ってるクラフティってなんぞや(笑)なんか名前だけで美味そうな雰囲気ありますね。

汗のかきすぎで脱水症状にり倒れたときはどうなるかと思いましたが、2人の関係が無事というか予定調和というか正式にお付き合いすることになって一安心です!

ただ、当然これでめでたしめでたしって訳にはいかないんでしょうね。

今後の二人がどうなるのか、要チェックです!