TOKYO ALONE

あんなことやこんなことをあなたに

『あせとせっけん』ネタバレ・感想【第三話】心の準備

あせとせっけん 分冊版(3) (モーニングコミックス)

ネタバレ

前回までの『あせとせっけん』の復習

>>『あせとせっけん』ネタバレ・感想【第二話】汗子ちゃんと麻子さん 

【第二話】

正式にお付き合いすることになる麻子と香太郎。ぎこちない関係から、積極的に距離を詰めると宣言される。

あらすじ【第三話】

2人の関係を公表するべき?

正式に付き合うことになり、香太郎から2人の関係を公にするかどうか聞かれる麻子。どちらでも良いと提案されるが、会社でいつも仕事仲間に囲まれ女性社員にもモテるであろう香太郎と付き合うと公表することには躊躇してしまう。麻子のような立場では、どう見られるのか非常に心配なのだ。

会社のみんなに知られることを不安を感じる麻子

そんな心配をよそに香太郎はいつも通り。ミーティングルームでのランチに誘われる。そこで、立場も違うし心の準備も出来ていないため、秘密の方が良いと打ち明ける。さらに、このような密会が増えることも心配だと。

ミーティングルームから倉庫に移動した二人は…

しかし、香太郎は2人の関係が会社では陽と陰であることには無頓着な模様。密会については、ミーティングルームのような仕事で頻繁に使う場所とは違う代案があると秘密の休憩場所の倉庫Aへと連れて行かれる。そこで、当初からの目的である匂いかぎタイムが始まるのだが…。

感想

今回は、陰キャラ女子の苦悩が描かれてましたね。確かに、職場での恋愛関係の公表ってのはなかなか勇気のいることです。周りからあーだこーだと噂されることは避けられないですしね。しかも、それがいわゆる陰キャラと陽キャラとの付き合いになるとなおさら。ちょっと、偏見入ってるかもですが、パワーバランスの偏った付き合いにはやっかみが付き物なのかとも思います。実際それを心配して、公表を避けたがる麻子がやっぱりかわいいですね(笑)キャラクター設定が絶妙に男心をくすぐってきます。

ミーティングルームから倉庫に移った時は、こいつは始まるなと言う予感がありましたが、香太郎は相変わらずのスケベ野郎っすな。会社にこんなセーフスペースを作っているとは。うらやまけしからんです!しかも、あくまでこれは商品開発に必要な密会であってみたいな言い訳を用意してるのもしたたかです。

んで、いよいよとなったところで新キャラの闖入。女性社員であることからこれは間違いなくライバル…ってことになるのかな?気になるところで終了で次回へ。この危機的状況をどう乗り切るのか気になります。