TOKYO ALONE

あんなことやこんなことをあなたに

『あせとせっけん』ネタバレ・感想【第5話】初デートの罠/すれ違いがせつない!初デートの結末にドキドキ

あせとせっけん 分冊版(5) (モーニングコミックス)

ネタバレ

前回の『あせとせっけん』を復習

【第四話】

女性社員に倉庫でイチャイチャしてるのが見つかりそうになる2人。しかし、香太郎がブランケットをかぶり寝ていた振りをすることで窮地を脱す。

あらすじ

【第五話】

初デートでお互い舞い上がる

いよいよ初デート。麻子は手を繋ぐだけで手汗をかかないかと動揺し、香太郎は初めてのデートということで浮かれきっていた。人気のデートスポットから神社での金魚掬いにに食べ歩き、王道デートを楽しむ2人。香太郎は何度も麻子の匂いを嗅ぎたい衝動にかられるもどうもひと目が気になってしまう。エレベーターで人が増えて密着するシチュエーションに。しかし、この絶好のタイミングでも何故か香太郎は匂いをかげなかった。

映画館でも匂いが嗅ぎたいけどかげない…

夜になり映画館に訪れる。これなら暗いだけでなく、五感を研ぎ澄まして麻子の匂いに集中できるはずと確信する香太郎。しかし、なぜせっかくの初デートなのに望み通り、思うままに匂いをかげないのかと逡巡しているうちに映画は終わってしまっていた。映画の内容を全く覚えておらず焦りつつも、夕食を食べに行こうと提案する。

夕食を断られてしまう香太郎

しかし、どこか悲しそうな表情の麻子。夕食の誘いは本調子では無さそうなのでと断られてしまう。デート中も匂いを嗅ぎたいけどかげないという迷い。それを麻子は楽しめんでいないと誤解していたようで…。

感想

誰もが初デートってのは緊張するし舞い上がるものですが、2人の関係性においてはその鍵が匂いってところがなかなかクセが強いってやつですね。1人で勝ってに匂い嗅ぎ我慢選手権みたいになってる香太郎の姿はちょっと面白くも可愛くもあって笑えました。こういう典型的なラブコメ的な展開は安心して読んでいられるので個人的には大好物です。

まあ、内容としてはすれ違いから2人の仲がどうなってしまうんだって話ですが、流石にこのくらいは2人がくっつく為の前ふりみたいなもの。今までの2人の関係の焼き回しに近いのかなと思います。相変わらず麻子のどうにも鈍感というか、気の使い過ぎなところが出てきますが、男の目線からすると守ってあげたい衝動が半端ないです。

今回の初デートでほすれ違いはなんとか解消された訳ですが、次回からはどうなんでしょう。流石に今まで通りにはいかない気もします。

まだまだ、真打ちの女性社員も出てきてないですしね。どうなることやら楽しみです!