TOKYO ALONE

あんなことやこんなことをあなたに

ネタバレ感想『パラレルパラダイス 1巻(岡本倫)』は貞操逆転異世界漫画だ!欲情の泉に溺れよ!

無料試し読みあり「パラレルパラダイス 1 巻」(岡本倫)の作品紹介・あらすじ・ネタバレ感想をお届けしています!

 

パラレルパラダイス(1) (ヤングマガジンコミックス)

さてー!

男女貞操逆転ものが大好物の立川あつです。

もし、男の欲情が女にもあったら?それはもはや全男の夢。そんな夢は、ももいろ系の大人向け作品でしかお目にかかれないと思っていましたが、案外普通に青年コミックになってしまう時代なんですね。なんでこれが18禁じゃないのかよく分からない(笑)

極黒のブリュンヒルデ』『君は淫らな僕の女王』の岡本倫が描く、美少女てんこ盛り異色SEXYファンタジー作品!

終末のハーレム』はSFチックでしたがこちらは流行りの異世界モノ。しかも、もはやSEXYなんて言葉では通用しない漫画です。有害図書指定待ったなしのかなりギリギリをいく内容になってます。

それでは早速いってみましょうか!

作品紹介

作者

岡本倫

出版社

講談社(WEB増刊eヤンマガにて連載中)

あらすじ

異世界に迷い込んだ男子高生・太多陽太は、森の中で美少女騎士・ルーミと出会う。そこは少女だけが存在する世界。神の化身からルーミとの交尾を命じられる陽太。触れられただけで極限まで発情したルーミは‥‥!? 

無料試し読み

☟『パラレルパラダイス』と打ったら出てきます

 >>無料試し読みはこちら

ネタバレ感想

プロローグ

陽太は気づいたらいつも幼馴染の仁科を目で追っている…。親から押し付けられた剣道と柔道は確かな腕前だが好きではない。

ある日、学校の外からやってきた異型の怪物に襲われ窓から転落する。起き上がるとそこはドラゴンが跋扈する異世界の森の中だった。そこで出会った美少女騎士・ルーミ曰くこの世界には男がいないらしいのだが…。

  •  感想

とりあえずプロローグ短過ぎです。とにかく1話でエッチなものを出したいからか、本当に内容が一切ないまま美少女と出会い、童貞にありがちなピュア故の抵抗なくするーっとスケベな展開です。

男がいないので触るだけで「欲情の泉」がビュルビュルビュル!「欲情の泉」ってなんやねんって話ですがブログだし詳しくは説明出来ないですけど、アレがソレであーいうことですよ。分かるでしょ(笑)

終末のハーレム』のヒットを受けての狙いすまされた設定だと思いますが、こっちの方がより18禁に近いですね。なんと言っても色々理由つけて、向こうからやってくる女の子を突き放したりしないのでイライラしなくて済みます。

一方で表現の自由の規制が議論されるなかで、これ大丈夫かよと危険な香りもしまする世界観です。

欲情の泉が発するフェロモンで気絶し朝を迎える

陽太とルーミは共闘しドラゴンを撃破。神であるジーニアスに促され交尾することになるが、陽太は欲情の泉から発するフェロモンで気絶してしまう。

翌日陽太は、エルフの元で女装のアイテムを手に入れこの世界に混乱をもたらさないように変装する。城に付くやいなやルーミが踏んだ糞に引き付けられたメスのリザードに襲撃を受けるも、アーチャーであるリリアに助けりれる。

女装と変声アイテムで男であることを隠していた陽太であったが、リリアは少し触れるだけで欲情の泉が、溢れ出して…。

  • 感想 

 また、たいして内容がないまま、ぼくっ子のリリア登場(笑)お約束のようにあっという間に男であることがバレてしまいます。しかも、主人公の陽太は一回スケベなことを経験してるせいか、リリアにたいしては貧乳だの何だのと急にドSっぷりを発揮するようになります。

私は一体何を見てしまってるんでしょうか?(笑)これ絶対に外では見られないやつですよ。電車の中で読み始めたのですが、これは覗かれたら完全にアウトの奴だってことで帰宅してから全部読み直しました。

これは、間違いなく次々と男の好きそうなキャラクターが出てきて、ハーレムを作って行くやつでしょうね。とはいえ、プロローグで幼馴染に惚れてる演出があったはずだから、その子が本命なはずなのに一切躊躇なくスケベ行為に及ぶのは完全に設定崩壊なのでは?と突っ込みたくなります。

まぁ、もはや設定とエロ絵だけでしっかりとファンをつけたみたいなのであとはどうでもいいんでしょうかね…。それとも、まだ序盤ってことでここからリアルとの交差があるんでしょうか?だったらゴメンナサイね。

最後に

この後の展開としては、更にスケベ設定が追加されます。この世界の住人は、交尾しないと成人前に死んでしまうってやつ。何かしらのもので既視感あるやつです(笑)

完全に男の妄想だけで出来上がる本作の世界観ですが、詰め込み過ぎで完全にスケベ設定インフレを起こしています。このまま行くとあっという間にネタがなくなって急速に知りすぼみになって行く気がするんですが大丈夫なんでしょうかね…。

岡本倫先生の作品は今作が初見なんですが、『君は淫らな僕の女王』とかタイトルだけ見ると全部こんなテイストなんでしょうか。

この漫画のテイストが好きだって方はチェックしてみては?

岡本倫と打ったら出てきます

 >>無料試し読みはこちら