TOKYO ALONE

あんなことやこんなことをあなたに

『ただ離婚してないだけ』ネタバレ・感想/仮面夫婦を巡る不倫に妊娠…人生でもっとも選びたくないシナリオ再び!

漫画『ただ離婚してないだけ』の作品情報、あらすじネタバレ感想を書いてみました。

ただ離婚してないだけ 1 (ヤングアニマルコミックス)

作品情報(無料試し読み)

東京闇虫』で知られる本田優貴新作漫画。フリーのWebデザイナーの夫・正隆と、高校教師の妻・雪映の家庭内別居夫婦を巡る胸糞サスペンス。

前作の『東京闇虫』では、人生でもっとも選びたくないシナリオとして闇世界に落ちていく人間模様を描き大ヒット。篠崎愛主演で映画化もされている。

サイト内で『ただ離婚してないだけ』で検索したら出てきます

>>無料試し読みはこちら

あらすじ(ネタバレあり)

フリーのWebデザイナー正隆と高校教師の雪映は、結婚7年目の夫婦。セックスはもう3年以上していない。二人の関係は、完全に冷え切っており修復不可能な状態にあった。食事の時間でさえほとんど会話を交わすことはない。現実に向き合うとつらい、理想を追い求めると疲れる…正隆はそんな『ただ離婚してないだけ』の現状を割り切ると心に決めることで乗り切っていた。「家庭内別居円満のコツは不倫すること」だと…。

正隆は、17歳の新聞屋の女の子・不倫関係にあった。萌自身にも彼氏がいることから、カラダだけのお互い割り切るった関係として付き合っていた。しかし、ある日萌は二人で旅行にでも行こうと切り出す。いつもとは違う態度に動揺した正隆は、その提案を突き放してしまう。その後、機嫌を悪くし今後の関係に影響があると思い、その誘いにのって箱根の温泉旅行に出掛けけることに。

妻には出張で出掛けると嘘をついたが、その目がすべてを知っていると言っているようで不安になる正隆。旅行先でも最初は、歩いている人が妻に見えるなど不安と罪悪感で神経質になっていた。しかし、久しぶりの旅行はそんなことを忘れさせてくれる程、十分楽しむことが出来ていた。夜になりいよいよ楽しみにいていた萌との✘✘だったが、その前に彼女からは妊娠してしまったことを告げられる…。

感想

最近やたらと不倫関係の漫画を読んでいる気がします。女性視点だったり、男性視点だったりとコンテンツの数自体かなり多いんじゃないでしょうか。本田優貴先生の『東京闇虫』は、人生でもっとも選びたくないシナリオとして描かれた裏社会の話でしたが、今作でもそのテイストは健在ですね。裏社会ではなく、現代社会のどこにでも起こりうる闇といった感じ。

夫婦関係が冷めきっていて修復不可能。かと言って、別れるには色々とハードルも多くて出来ない。ありがちです…。というか、個人的には自分の両親の姿と重なって心がヒリヒリしました。自分の場合は両親の出来事だからいいものの、当事者としてそんな関係にある夫婦の方が読んだら心臓破裂するんじゃないかって内容です。しかも、17歳の女の子を妊娠させる不倫男ですからね。現実には家庭だけでなく両親、親戚一同を巻き込んでの総スカンが待っているでしょう。

しかも、この事実はこの漫画の序章に過ぎなくて、人生でもっとも選びたくないシナリオは、この後の展開に待っています。いやー、恐ろしい限りです。ほとんどホラーのような恐ろしさですね。