TOKYO ALONE

あんなことやこんなことをあなたに

【初心者】アイキャッチ画像が見つからない時の対処法。ないなら簡単な方法で作成しよう!

人気記事セレクション

ほとんどの方が記事を投稿する時には、アイキャッチ画像を設定していると思います。

 

自分の持っている写真を使ったり、フリーの画像が簡単に見つかるときはそれを使えば良いんですが、なかなか見つからないこともあるんじゃないでしょうか?
 

 

アイキャッチ画像は時にアクセス数に大きな影響を与えるというのは、聞いたことがあると思います。
 
タイトルはたいして読んでいないけど、アイキャッチ画像に吸い込まれてクリックしてしまったということは、誰もが経験したことがあるはずです。
 
ただ慎重になって考え過ぎるというのも、非常に効率が悪くなってしまいます。
 
そこで、イメージに合ったアイキャッチ画像が見つからないときの簡単で時短な対処法を紹介したいと思います。
 
目次
 

アイキャッチ画像は絶対設定するべき!

 
この項目は必要なければ飛ばして構いません。
 
ブログをはじめたばかりの人は、アイキャッチ画像を設定する意義やメリットをあまり知らないという方もいると思います。
 
メリットに関しては、私自身で書こうと思いましたが先輩ブロガーの方が既に分析した上で書かれていたので、こちらをご紹介したいと思います。
 

自分では、ここまで深く考察できないので先にまとめてくれている方がいて良かったです。shijinblog.hatenablog.com

 
私は、これからは必要に応じて見出しごとか、あるいは重要なポイントごとに画像を設定しようと考えています。この画像を置く方法はブログ定番の構成で、多くの方が採用されています。その一つが下のリンクです。
 
このブログのテーマを作成されているかたでもあります。どの記事も非常に読みやすくしゃれおつですよね。
 
なぜ、見出しや重要なポイントごとに画像を置くのか。理由を自分なりに考えてみました。

断然見やすくなる

文字はある程度改行した方が見やすいと言われていますが、あまりにも改行が大きすぎるとスカスカになってしまいます。そこで見出しごとに画像を置くことで、改行しているのと同じように目を休めながら読んでもらうことができると思います。

テキストだけの記事よりも広告が記事に溶け込みやすい

広告が違和感のないように設置されていることは、ブログにとってメリットになります。テキストばかりの中に広告があるのと、適切な距離感で画像が挟まれてある中で設置されているのでは、違和感のないのは後者ではないでしょうか。木を隠すなら森に!ということだと思います。

 

好きな画像にテキストを追加してアイキャッチ画像に!

どんな画像閲覧ソフトにもテキストを加えること、テキストの背景色を選択する機能が付いています。
 
高いソフトを使わなくても簡単に下に掲載している程度の画像は作成することができます。
 

Macでのやり方

 
①画像を開く
 

f:id:Kracpot:20160422202232p:plain

 
②テキストの色と背景を設定して書き込む
 

f:id:Kracpot:20160422202255p:plain

 
上記の画像は、白抜き文字で背景は青、透過率を50%に設定しています。もちろん、そのまま真似てしまっても構いません。簡単すぎて真似るも何もないんですがw
 
デザインの心得がある方でしたらもっとおしゃれで、かっこいい加工もできるかと思います。是非チャレンジしてみてください!
 
現在フリーでできる画像編集を勉強中です。簡単にできるアイキャッチ画像作成方法を順次こちらにアップ予定ですので、是非見に来てください。
 

最後に

テキストだけの記事が悪いということでは、決してありません。
 
ブログで一番優先順位が高いのは、質の高い記事をたくさん書くということでそれは、間違いなくこれからも変わらないことだと思います。
 
ただ、多くの先輩ブロガーの方がデザイン性もブログの価値を高める重要な要素だとしています。
 
画像の選択、簡単な加工を覚えるだけでも読者の人にとって見やすい記事になるかもしれません。
 
今回紹介したのは、非常に簡単で5分もかからずできる方法です。記事にあったアイキャッチ画像が見つからない時は是非試してみてください!
 
 
 
したっけ〜!
 
広告を非表示にする