TOKYO ALONE

あんなことやこんなことをあなたに

ダイエット中に甘いものが食べたければ、ゼロカロリー甘味料を使おう!危険だというのは嘘ですよ!

人気記事セレクション

ダイエット中でも甘いものが食べたい!

誰もが悩むところですよね。

私は、去年ダイエット中でも、ゼロカロリー甘味料を使ってたくさん甘いものを食べてきました。

これって本当にカロリーゼロなの?と思うことも多々あり、今では正直砂糖いらないじゃんと感じています。

目に付いた甘味料は全部買って試してきました。

そこでゼロカロリー甘味料と言っても、商品によって違いがかなり大きいことに気が付きました。

中には甘いものが食べれなくなるから、ダイエットに踏み切れないというひともいるかと思います。

是非この記事を参考にして、甘いものがたくさん食べられるダイエットライフを過ごしてください!

追記

ネットを調べてみるとゼロカロリー甘味料は、危険だということが言われているようです。

ただ、危険だというのはあくまでバケツ一杯分摂取した場合に有害というレベルであって通常の摂取量であれば基本的に問題ありませんので、安心して使って大丈夫ですよ!

 

パルスイート

私が使っていく中で一番強く甘みを感じられたのがこの商品です。

ヨーグルト

最初はヨーグルトに入れて食べてみました。市販のヨーグルトって甘みがあるから美味しいんであって、無糖のパックのヨーグルトってそのままたべても美味しいくないですよね。パルスイートを入れるとこれ本当に砂糖入ってないの?っていうくらい強い甘みを感じることができました。

卵焼き

パルスイートの弱点なんですが、熱に弱く長時間熱にかけると甘みが薄れてしまうという性質があります。
私は、甘みのある卵焼きが好きなので、卵焼きを作る時はパルスイートをいれていました。
ただ、短時間の調理であれば全然甘みは消えてませんでした。
砂糖を入れた時と同じで普通に甘くて美味しい卵焼きが出来上がります。

蒸しパン

おから、大豆粉などとプロテインを混ぜて炊飯器で蒸しパンを作って食べることがありました。そこでもこのパルスイートを使ったんですが、これに関しては完全に甘みが失われてしまいますw

 

 

パルスィート カロリー0 液体タイプ 350g

パルスィート カロリー0 液体タイプ 350g

 

 

ラカン

ラカントは、ほとんど弱点のない甘味料です。ゼロカロリーだし、熱でやられることもありません。なので、たくさんの料理で応用可能です。ただ、私の場合甘みに癖があるように感じられたのでかなり限定的な使い方をしていました。

和風の味付け

基本的にがっつり料理をするタイプではないです。なので卵焼きや鶏胸肉など味に飽きた時に和風のあんかけのようなものを作って、かけて食べることがあったのでその時はこの商品を使っていました。醤油など他の味があるときは、甘みの癖も全く感じないので非常に美味しく食べられます。煮物など調理してから口に入れるものの場合、この甘味料が一番だと思います。

 

ラカントS 顆粒 800g

ラカントS 顆粒 800g

 

 

エリスリトール

甘さ控え目な甘味料として売り出されています。

量的には一番コスパが良いので試し買った商品です。ただ、私には甘みがあまりにも少なすぎて全く使いどころがわかりませんでした。ラカントと一緒で熱に弱くないので調理が必要な料理に使っては見ましたが結局甘みが足りずに、他の甘味料も追加するというありさま。結局唯一リピートしていないゼロカロリー甘味料です。強い甘みが苦手だというひともいると思うのでそういった方には、向いているんじゃないでしょうか?

 

 

 

最後に

やっぱり私のオススメはなんと言ってもパルスイートです。

理由は、単純できっちり甘いからw

ただ、ネットの評判を見てみるとラカントの方が圧倒的に人気があるみたいです。

おそらく、砂糖の3倍という甘さがあまり一般受けしないのと、調理する場合の利用の幅が狭い為だと思います。

確かに、世の中の主婦の方からすると砂糖と同じように使える方が良いですもんね。

その辺はあまりがっつり自炊をしないタイプの人間とは違って当然です。

なので、調理の幅が広いほうが良いですという方にはラカントでしょうね。

エリスリトールは、甘さがかなり控え目なのでほんのり甘ければ充分なんだというひと以外はオススメできません。ただ、量的なコスパは良いのでそこに魅力に感じるひとには良いのかもしれません。

どちらにせよ、ゼロカロリー甘味料は砂糖に比べると圧倒的に高いです。

ダイエット中には非常にありがたいんですが、使い過ぎには注意したいですね。

 

 

したっけ〜